診療案内 | 堺市南区泉北ニュータウン御池台のあかざわ小児科

大阪府堺市南区御池台3-2-4

あかざわ小児科

診療案内

診療時間

診療時間
 9:0012:00
17:0019:00

休診日:日祝、火・土の午後診

予防接種 水曜 13:30~
乳幼児健診 水曜 13:00~
金曜 15:30~(予備日)

保険証は毎月1回確認を行いますので、月初めの来院時に必ずご持参下さい。
また、子ども医療証をお持ちの方は、こちらもご持参ください。

診療科目:小児科・アレルギー科

小児科全般に関わる各疾患(感染症を始め、アレルギー、腎疾患など)に対応いたします。

予防接種

※水曜日13:30~

  • 都合がつかない場合は一般診療時間でも可能ですが、乳児は出来るだけ予防接種の時間にお越し下さい。
  • 必ず、前日までに予約をお願いします。
    3回接種の方のロタウイルスワクチン(ロタテック)や不活化ポリオ、子宮頸がんワクチン、成人用肺炎球菌ワクチン、渡航ワクチンに関しては取り寄せになりますので、時間に余裕を持って申し込みください。在庫のあるものもありますが、渡航ワクチンによっては取り寄せるまでに数日から2~3週位かかる可能性もあります。また、新型コロナウイルス世界的流行の影響で当分海外ワクチンは取り寄せられないかもしれません。
  • 成人用肺炎球菌ワクチン、A型肝炎ワクチンや海外渡航に必要なワクチンはご相談下さい。

小児の予防接種一覧表2021年3月版はこちら(PDF)

【定期】
ロタウイルスワクチン(令和2年10月1日から定期接種になりました。詳しくはこちら
ヒブワクチン
小児用肺炎球菌ワクチン
B型肝炎ワクチン(平成28年10月1日から定期接種になりました。詳しくはこちら
DPT-IPV4種混合ワクチン
不活化ポリオワクチン
麻疹・風疹混合ワクチン
水痘(みずぼうそう)ワクチン
日本脳炎ワクチン
DT2種混合ワクチン
(女性用)子宮頸がんワクチン(ガーダシル、サーバリックス)
成人用肺炎球菌ワクチン
2019年度から2023年度までの間は①各年度中に65、70、75、80、85、90、95、100歳になる方か、②60~64歳の方で、心臓、じん臓もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方が接種対象になります。
定期接種としては1回限りです。
前回接種から5年以上空いて、さらに成人用肺炎球菌ワクチンを希望される場合は任意で全額自己負担での接種となります。

※堺市ではBCGは各保健センターで集団での接種になります。
【任意】
おたふくかぜワクチン
水痘(みずぼうそう)ワクチン
インフルエンザワクチン
B型肝炎ワクチン
破傷風トキソイド
(女性用)子宮頸がんワクチン シルガード®9、ガーダシル
(男性用)子宮頸がんワクチン ガーダシル
成人用肺炎球菌ワクチン
①堺市独自の任意接種助成として、65歳以上の堺市民で、定期接種の対象になっていない方=5歳区切りに当たらない方で今までに助成を受けたことがない方が対象で、自己負担4,000円となります。
②既に定期接種として接種したことがあるか堺市独自の任意接種助成を受けたことがある方はもう助成はありません。任意で全額自己負担での接種となります。
【日本脳炎ワクチンの深刻な供給不足について】令和3年4月1日更新
 日本脳炎ワクチンには阪大微生物研究所が製造している『ジェービックV®』とKMバイオロジクス社が製造している『エンセバック皮下注用®』がありますが、『ジェービックV®』に製造上の問題が発生し、一時製造が止まりました。
 現在製造は再開されていますが、『ジェービックV®』の出荷が2021年12月まで止まる予定です。『ジェービックV®』が83%のシェアであった(2020年実績)ため、影響は大きく、KMバイオロジクス社に増産が要請されたものの、日本脳炎ワクチンとしましては、供給不足が既に深刻になっています。
 堺市から通達があり、条件を厳しくさせていただきます。
①今から1回目・2回目である方(特例対象者を含む)
②来年早々までに定期接種としての期限を迎える方
③2003年度(平成15年度)生まれの特例対象者で、個別の接種勧奨の通知が届いた方

にさせていただきます。当科の在庫がなくなり次第、完全予約の上、入荷してから接種という形になります。
 なお、既に接種されたあるいは現在まだ流通している『ジェービックV®』に関しましては、品質には問題はありません。
【当科採用の武田薬品のおたふくかぜワクチンの出荷が再開されました】令和3年11月12日
 当科で採用しているタケダのおたふくかぜワクチンは製造工程の不具合により出荷停止が4月頃から続いていましたが、10月25日から出荷が再開され、不足はほぼ解消されてきたと思います。
【新型コロナワクチンの予約受付について】令和3年11月15日更新
 当科での個別接種は終了しました。12月4日(土)実施予定の方でキャンセルが出ない限り、募集はありません。1回目・2回目接種を希望の方は堺市の集団接種の募集をご覧ください。12月4日分でキャンセルが出ていないかはコロナワクチン予約専用サイトhttps://www.shujii.com/2977771/i/)の最初の画面をご覧ください。
これまでに予約を取っておられる方で予約が不要になりましたら、必ず時間内のお電話でキャンセルください
【募集】終了

【現在の新型コロナワクチン対象の方】
・9月2日(木)以降:堺市在住の満12歳以上の方全員
・9月16日(木)以降:堺市外に在住で、堺市内の高齢者施設や認定こども園・幼稚園・小・中学校などに勤務されている方(勤務先の証明書が必要です)
・モデルナワクチンを1回目に打ち、2回目をファイザーワクチン希望の10代・20代の男性(ただし、1回目から4週以上空く必要があります)

【新型コロナウイルス抗体検査について】令和3年9月24日更新

 当科ではワクチンで作られるはずのスパイク蛋白に対する新型コロナウイルス抗体を調べることができます。項目としてはアボット社の試薬を用いた『SARS-CoV-2抗体 S IgG』で、精度は高いです。現在感染しているかを知るための検査ではありません。陽性は50AU/mL以上ですが、どのくらいの数値なら感染しないか明確な基準がある訳ではなく、参考値としてください。3mL程度の採血になります。

 自費検査で、当科では1回税込み4,000円です。通常平日3日程度で結果が出ます。ご希望なら結果を郵送します。1回検査なら、ワクチン2回目終了後、3~4週間経ってからをお勧めします。費用はかかりますが、3か月後や6か月後などにどれくらい減っているか経時的に見て頂いても結構です。結果が低いからといってワクチンの追加はできません。逆に高いからといって感染しないという証拠や保証もありません。今後、個人を特定できない形で集計し、公表させていただく可能性があります。データ使用を希望されない方はお申し出ください。

【風しん第5期定期接種について】令和3年9月21日更新

 平成31年2月1日付で予防接種法施行令の一部が改正され、風しんの定期接種の対象に、予防接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性が追加され(女性は中学生の時に1回集団接種の対象になっています)、風しんの第5期定期接種と名付けられました。

 大まかな流れとしては、市区町村からクーポン券が対象者に発送され、まず原則無料で抗体検査を受け、抗体が基準以下ならこちらも原則無料で麻しん風しん(MR)ワクチンを受けられます。平成26年4月以降に風しん抗体検査を受け、抗体が基準以下という記録をお持ちの方は抗体検査を省略することができます。クーポン券があれば、住民票のある市区町村以外の風しん第5期定期接種実施医療機関でも検査やワクチンを受けることができます(※)。抗体検査は風しん第5期定期接種実施医療機関だけでなく、対応していれば、市町村国保加入者の特定健診や事業所健診の採血時に組み込むことができます。対象者の方には全員クーポン券が届いているはずです。風しん第5期定期接種事業は令和4年2月末をもって終了します。未受診の方はお急ぎください。


 堺市に住民票のある男性については、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は全員、堺市内の風しん第5期定期接種実施機関では、クーポン券がなくても、抗体検査や予防接種を受けることが平成31年3月25日(月)からできるようになっています。運転免許証やマイナンバーカードなどで、本人確認、堺市在住であることと生年月日の証明ができれば進めることができます(※)。他市の風しん第5期定期接種実施機関や他市の職場の定期健診などで抗体検査や予防接種を希望される場合は、クーポン券を手に入れる必要があります。堺市内の風しん第5期定期接種実施機関は、堺市のホームページの『昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方へのお知らせ』ページの風しんの抗体検査の「実施場所」や風しんの予防接種(風しんの第5期の予防接種)の「実施場所」でご確認ください。あかざわ小児科は抗体検査も予防接種もできます。


※ただし、クーポン券の発行元の市区町村あるいは免許証やマイナンバーカード等に書いてある住所と、抗体検査日又は予防接種日の時点で住民票のある市区町村は一致している必要があります。引っ越し前に届いたクーポン券は使用できませんので、引っ越し後の市区町村でクーポン券の再発行を受けてください。


詳しくはこちら(PDF4ページ分のファイルが開きます)

【子宮頸がんワクチンのシルガード®9が発売されました(ただし任意接種)】令和3年3月12日更新
 9価(=9種類の型に効く)子宮頸がんワクチンのシルガード®9が令和3年2月24日に発売されました。ただし、当分は任意接種(=自費)です。当科でも取り寄せできますが、1回28,700円と高額です。接種間隔は1回目を打って2か月後に2回目を打ち、1回目から6か月後に3回目を打ちます。1年以内に3回目まで終了することが望ましいとあります。筋肉注射になります。シルガード®9は、定期接種対象期間が終了してしまった方か、シルガード®9が定期接種になるまで待てないという方が想定されます。
 なお、シルガード®9の接種を希望されるなら、今までと違う手順が必要になり、医者および接種者様双方の登録が義務づけられています。接種希望の方は、まず診療時間内に、シルガード®9の取り寄せをご要望ください。特に最初は取り寄せに時間がかかるかもしれません。その上でスマートフォン、タブレット端末などで『ワクチンQダイアリー』にE-mailアドレスなどの基本情報を登録しておきます。その後、接種日にログイン後のメニューから、「予診票」を選択し、問診前記入事項を入力します。初回接種時か何回目かに接種医が変更になった場合、予診票入力後に医師が閲覧申請を行うと、通知一覧に「○○先生から予診票の閲覧申請がきております」と表示されるので、それを選択して、通知詳細から「予診票閲覧同意画面」をタップし、「はい」を選択します。診察室で接種医と登録内容を確認します(端末の持参も必要になります)。ご面倒ですが、紙予診票も併用で記入いただきます。接種医が接種部位や接種時刻を登録します。接種後30分程安静にしていただきます。次回予約日を決め、接種医が次回接種予定日を入力すると、ワクチンQダイアリーに次回のワクチン日が登録されます。
 『ワクチンQダイアリー
【男性にも子宮頸がんワクチン(ガーダシル)を打てるようになりました】令和3年3月15日更新
 子宮頸がんワクチンである『ガーダシル』は令和2年12月25日から日本でも男性に、そして新たに肛門がんの予防にも適応が拡大されました。女性にヒト・パピローマウイルスをうつす機会を減らすとともに、中咽頭がんや陰茎がん、尖圭コンジローマの予防にもなります。中咽頭がんは日本で年間約1,800人が診断され、男性が女性の5倍近くにのぼります。9歳以上の男性に任意接種として接種でき、女性と同じスケジュールで3回接種します(1回目を打って2か月後に2回目を打ち、1回目から6か月後に3回目を打ちます)。男性に適応拡大されたことで、接種後に大きな副反応があった場合に医薬品医療機器総合機構(PMDA)の任意接種としての補償を受けられるようになりました。ただ、高額(当科で1回16,000円)であるのがネックであり、早期に自治体による補助や定期接種化が望まれます。
【ロタワクチンが定期接種になりました】令和2年10月1日更新
 2020年8月1日以降に生まれた0歳児が対象です。2回飲むロタリックス®と、3回飲むロタテック®があります。ともに生後6週から服用でき、1回目は生後14週6日までの接種が推奨されています。ロタリックス®の2回目は生後24週未満、ロタテック®の3回目は生後32週未満で終了しないといけません。どちらかで開始したら、原則、終了まで同じワクチンを選択する必要があります。ロタリックス®の任意接種では内服後、大半を吐き出した場合に飲み直しをしていましたが、定期接種化後は飲み直しは不要となります。当科ではロタリックス®を採用しており、ロタテック®を希望される場合は取り寄せになります。
【予防接種の間隔の制限が緩和されました】令和2年12月25日更新
 これまでは生ワクチン接種後、次回のワクチンまで27日以上の間隔が、不活化ワクチンなら同6日以上必要でしたが、定期接種実施要項の改正に伴い、2020年10月1日からその制限が緩和され、注射の生ワクチン間のみ27日以上空け、その他のワクチン間の間隔制限がなくなります。ただし、それぞれのワクチンは規定通りの間隔で行う必要があります。概ね今まで通りでいいです。
 堺市の場合、BCGだけ集団接種で、四種混合3回目とBCGが近い巡りで日程調整が必要でしたが、法改正で当日でもできることになります(2020年9月30日までは同じ施設内でないと四種混合3回目とBCGの同時接種は認められていませんでしたが=つまり不可能でしたが、10月1日からは午前にかかりつけで四種混合3回目を接種して、同日の午後に保健センターでBCGの集団接種を受けてもいいことになります)。
予防接種の間隔の制限緩和のイメージ図を含む説明書はこちら(PDFが開きます)
2歳頃までの予防接種スケジュール案 → ダウンロードはこちら(PDFが開きます)
【B型肝炎ワクチンの任意接種再開について】令和2年9月10日更新
B型肝炎ワクチンの2種類あるうちの1つ、MSD社の『ヘプタバックスⅡ®』が製造工程において所定の規格を満たせない事象が発生したため、2019年10月から製造が中止されていました。このため、もう1種類のKMバイオロジクス社の『ビームゲン®0.5mL』に増産要請が出され、定期接種のみを行ってきましたが、この度、『ヘプタバックスⅡ®0.25mL』が国家検定に合格し、2020年7月から出荷が再開されました。
ワクチンの流通が安定してきましたので、B型肝炎ワクチンの任意接種での受付を再開とさせていただきます。
現在の製造状況から、
10歳以上の方には『ビームゲン®0.5mL』を、
10歳未満の方には『ヘプタバックスⅡ®0.25mL』を使用することになります。
【ヒブワクチンの出荷再開について】令和2年3月3日更新
 2019年11月26日にヒブワクチンに付属の針に錆(さび)のあるものが発見され、原因究明のためとして出荷が停止しておりましたが、3月2日から出荷が再開されました。
 当科では2月13日付で1回目・2回目のお子さんを優先し、3回目あるいは追加接種の方を制限しておりましたが、今後制限解除とさせていただきます。
 精査の結果としてサノフィ社の製造工程上の問題や試験検査での逸脱は認めらず、本事象は複数の要因が重なることにより偶発的に発生したものと考えられ、発生率も非常に低いことが確認されたとあります。
 メーカーが申しますように、今後当科でも使用時に針の状態を確認してまいります。
【2021-22年インフルエンザ予防接種のご案内】2021年11月15日更新
11月15日(月)からの募集に合わせて、平日夕方枠や土曜の午前、土曜の午後の集団接種枠を拡大します。
ワクチン予約専用サイト『https://www.shujii.com/2977771/i/』にて予約を受け付けます。これは新型コロナウイルスワクチンの予約サイトと共通です。
高齢の方で、専用サイトからの予約がご面倒という場合は、診療時間内の受付窓口か、診療時間内のお電話でお申し出ください。2021年の受付期間は10月8日(金)から12月25日(土)までです。12月26日(日)以降は予約画面を見られなくなりますので、必ず予約日時を記録しておいてください。
 予約の変更や中止も予約サイト内で可能ですが、予約サイト終了後はお電話にて変更や中止などをお伝えください。また、そのときのワクチンの確保量に達すると受付を一時中断することがあります(ワクチンの入荷が増えたら順次拡大します)。
 ワクチン接種日は2021年10月21日(木)から1月31日(月)までですが、ワクチン総確保量になり次第終了します。感染予防の観点から、木曜日の17時より前に7名、10月30日(土)午後に30名、11月13日(土)の午後に60名ずつ募集していました。11月27日(土)を60→100名に、12月11日(土)を60→80名に拡大し、12月25日(土)に新規で60名募集します。また、木曜の16:30~17:00を7→10名に拡大します。一般診療時間内でも接種していますが、平日夕方診を8→10名に拡大します(予約システム内で時間毎に定数を設定しています)。
<予約専用サイト(PC・スマホ・携帯共通)>
https://www.shujii.com/2977771/i/
<予診票ダウンロードサイト(PCのみ)>
http://www.yoshinhyo.com/download/aka7771
ただし、65歳以上の方には専用の予診票が受付にあります。
<受付期間>
2021年10月8日(金)~12月25日(土)
<接種期間>
2021年10月21日(木)~2022年1月31日(月)
<接種回数>
6か月から13歳未満:約4週間を空けて2回
6か月以上から接種できますが、1歳未満の方は免疫がつきにくいといわれています。集団生活なら、接種を考えます。
1回目予約時に2回目の予約もお願いします(確保しておかないとワクチンがなくなっている可能性があります)。
13歳以上:原則1回。国の方針により、受験生の方も1回でお願いします。
<同時接種について>
インフルエンザワクチン以外に、他のワクチンを1本までお受けしますが、日本脳炎ワクチンは2021年中、ムンプスワクチンは2021年秋の途中まで手に入りにくく制限がありますので、ご希望の方は時間内に電話でご相談ください。
<費  用>
6か月以上3歳未満:初回3,100円(税込)、2回目2,600円(税込)
(当科で1回目を受けておられない2回目は3,100円(税込))
3歳以上13歳未満:初回・2回目とも3,100円(税込)
13歳以上:1回3,100円(税込)
65歳以上の堺市民:自己負担1,500円
(65歳以上の方の助成は、接種当日に65歳以上、かつ2021年10月21日(木)~2022年1月31日(月)までの接種でなければ認められていません)
<予約可能な時間設定(21年11月15日現在設定)>
土以外の通常診察時間内、午前中1時間毎に4名まで
平日の夕方診に8名→10名に拡大
木曜日の16時半~17時に7名→10名に拡大
土曜日午前診に30分に3名→30分に4名に拡大
11月27日(土)の13時から60→100名に拡大
12月11日(土)の13時から60→80名に拡大
12月25日(土)の13時半から60名を新規募集
<予約方法>
https://www.shujii.com/2977771/i/から専用サイトにアクセスしてください。新型コロナワクチン予約と共通システムです。
②カルテのある方は「診察券をお持ちの方」を選んで、打つ方を全員分利用登録してください。このシステムでコロナワクチンを予約して登録番号がわかっている方は③に進んでください。
昨年度までに登録された方もこのシステムが今年初めてでしたら、はじめから入力してください。
診察券番号や登録番号がわからない場合は、「診察券番号や登録番号をお忘れの方はこちら」をクリックして仮登録番号を取ってください。
③②が済みましたら、「予約」を選択し、1人目から順に、診察券番号+生年月日の月日を4ケタで入力します。
例:診察券番号99999、7月1日生まれの場合、999990701
④候補から1回目のご希望の日時を選択し、予約します。必要な方は続けて、2回目の予約などを選んでいきます(13歳未満の方は、必ず2回目を予約して、ワクチンを確保してください)。
⑤予約完了の確認画面が表示されます。
⑥「予約確認」にて予約内容を確認いただけます。
#インフルエンザワクチンと他のワクチンとの同時接種は1本だけ可能です。
#ドメイン指定をされている方は、「@shujii.com」を受信できるように設定してください。
<以上の予約についての情報一覧PDF>
こちらからダウンロードしてください。
【B型肝炎ワクチンについて】令和2年9月10日更新
①定期接種対象者は平成28年4月1日以降に生まれた、1歳未満の方です。それより以前に生まれた方は任意接種です。平成28年4月1日以降の誕生日でも1歳以上になってしまった方の不足回数分は任意接種です。
②生後2か月から9か月未満が標準的な接種期間とされ、27日以上の間隔をあけて2回接種、さらに1回目の接種から139日(=20週)以上の間隔をおいて、3回目を接種します。2回目と3回目の間隔は最低6日間ですが、できるだけ2か月以上あけることが望ましいとされています。
③B型肝炎ワクチンの3回接種は同一製剤で行うことが望ましいとされていますが、ヘプタバックスとビームゲンのどちらを組み合わせて接種しても免疫はちゃんとつくと確認されていますので、途中で変わっても問題ありません。
【同時接種について】
当院では同時接種を行っています。複数のワクチンを同時接種ご希望の方は「あかざわ小児科同時接種予診票」に記入して下さい。勿論、予防接種手帳の予診票でも構いません。

予診票のダウンロードはこちら → 同時接種予診票(PDFが開きます)
2歳頃までの予防接種スケジュール案 → ダウンロードはこちら(PDFが開きます)
詳しくはこちらをご覧ください → 同時接種は怖くない!(PDFが開きます)
【堺市の高齢者に一部助成のあるワクチン】
インフルエンザワクチン2021-22年シーズンは、2021年10月21日(木)から2022年1月31日(月)の間の接種日に満65歳以上の堺市在住の方が自己負担1,500円で接種することができます(2020-21年のような無料ではありません)。あるいは同じ期間の接種日に満60歳以上65歳未満の堺市在住の方で、心臓、腎臓、もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障害を有し、その障害が身体障害者手帳1級程度の方も自己負担1,500円で接種することができます。令和3年度市民税非課税世帯などに該当のときは自己負担なしの制度があります。自己負担なしの場合は堺市ホームページ『65歳以上の方などへのインフルエンザ予防接種について』に記載の必要な書類などを提示してください。
成人用肺炎球菌ワクチン(満65歳以上の堺市民) 定期・任意接種とも自己負担金 4,000円(いずれか初回の場合のみ)

乳幼児健診

公費の乳児前期(1カ月健診)、乳児後期(生後9~11ヶ月健診)の他、ご希望の時期の乳幼児健診を行っています。

※水曜日13:00~、金曜日15:30~(金曜日は予備日)

  • 必ず、予約をお願いします。
  • 一般診療時間でも可能ですが、出来るだけ健診、又は予防接種の時間にお越し下さい。

ページトップへ